スマホでMetamaskを使う方法としてMobile DApps BrowserのCipher(サイファー)というアプリを、

Metamaskとの連携はできませんが、インストール後3タップで使えるお手軽なアプリToshiを紹介しましたが、色々使ってみたところ今回紹介するTrust(トラスト)が一番良かったので書き直しました。

この記事を書いた時点では英語版のみでしたが、現在は日本語に対応しています。

他のMobile DApps Browserとの違いはこちらの記事でまとめてありますので、良かったら見てください。

Trustのインストールと初期設定の方法

今回はiPhoneの画面で進めますが、Androidも基本的な手順は同じです。

まずはアプリをインストールしましょう。

Trust - Ethereum Wallet

Trust - Ethereum Wallet

SIX DAYS LLC無料posted withアプリーチ

 

 

f:id:rusamanchic:20180409193753j:plain

ここでは新しいウォレットの作成方法を説明します。

既に持ってるMyEtherWalletや、MetamaskをTrustで開く方法はこちらからご覧ください。

①「CREATE WALLET」をタップします。 

 

f:id:rusamanchic:20180409194028j:plain

②「Backup Wallet」をタップします。

 

 

f:id:rusamanchic:20180409194223j:plain

③パスワードを設定します。

短いパスワードや、普段よく使うもの、取引所で使っているものを使い回すのは危険です。パスワード生成ツールなどを利用して長めの推測されないパスワードをせっていすることをおすすめします。

④パスワードを設定したら、画面右上の「Done」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180409194525j:plain

パスワードを設定すると、パスワードのバックアップ先を選択する画面になります。

※このバックアップファイルとパスワードでウォレットを開くことができます絶対に他人に知られないようにしてください

また、このファイルとパスワードが無いとスマホが壊れたり紛失したときに二度とウォレットを開けなくなります。絶対に無くさないでいください 

GoogleDriveやicloudなどのクラウドストレージ、LINE等ネット上のサービスに保存するのはあまり好ましくないので、メモ帳などに保存してパスワードをかけておくのが良いかと思います。

メモ帳をiCloudで同期している場合は上記と同様にハッキングのリスクがありますのでご注意ください。

これでインストールは完了です。

 

既存のMyEtherWalletや、MetamaskをTrustで開けるようにする方法

既に作成してあるMyEtherWalletやMetamaskのウォレットをTrustで開く手順を説明します。

f:id:rusamanchic:20180409201435j:plain

①画面右下の歯車マークをタップします。

②「Wallets」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180409201545j:plain

③wallet一覧画面右上の「+」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180409201702j:plain

④「IMPORT WALLET」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180409201754j:plain

ここからは以下2通りの登録方法を説明します。

どちらかの方法で登録してください。

 

登録方法1:秘密鍵で登録する方法

登録方法2:復元フレーズ(SEED)で登録する方法

 

登録方法1:秘密鍵で登録する方法

f:id:rusamanchic:20180410093048j:plain

①「Private Key」をタップします。

②秘密鍵を貼り付けます。

③「Import」をタップします。

もしくは、

f:id:rusamanchic:20180410093210j:plain

画面右上のQRコードアイコンをタップしてQRコードリーダーから読み取ることもできます。

 

登録方法2:復元フレーズ(SEED)で登録する方法

f:id:rusamanchic:20180410095706j:plain

①「Mnemonic」を選択します。

②12個の復元フレーズ(SEED)を入力します。MyEtherWalletではニーモニック文節とよばれているものです。

③「Import」をタップします。

 

アプリ自体へのパスワード設定方法

初期状態だと誰でもTrustを開くことができてしまうため、アプリの起動にパスワードをかけておきましょう。指紋認証搭載のスマホでは指紋で開くことができます。

f:id:rusamanchic:20180409195711j:plain

①画面右下の歯車マークをタップします。

②「Passcode/Touch ID」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180409195815j:plain

③6桁の数字でパスワードを設定します。

 

f:id:rusamanchic:20180409195916j:plain

パスワードの設定を終えると、次回起動時から指紋認証が表示されます。

キャンセルをタップすると数字のパスワードでもログインできます。

 

画面の見方

f:id:rusamanchic:20180410101745j:plain

黄色枠:送金(出金)取引所や他のウォレットなどに仮想通貨を送ることができます。

緑色枠入金。取引所や他のウォレットからCipherに仮想通貨を入金することができます。

赤色枠:左からBrowser、ウォレット、トランザクション、設定。

  • Browser:MetamaskのようにDApssに接続することができます。
  • ウォレット:イーサリアムやイーサリアム系トークンの入出金、追加ができます。
  • トランザクション:入出金のトランザクションを確認できます。
  • 設定:ウォレットの切り替えやネットワークの切り替えなど各種設定ができます

 

Browserの使い方

f:id:rusamanchic:20180410102747j:plain

①左下の「Browser」をタップします。

Trustが対応しているDAppsが一覧で表示されます。

利用したいDAppsをタップするとそのままアクセスすることができます。

 

一覧に無いDAppsを利用する場合は、URLを直接入力してアクセスすることができます。

f:id:rusamanchic:20180410102906j:plain

画面右上のメニューアイコンをタップするとお気に入りへの追加や、お気に入りの表示ができます。

 

Trustへの入金方法

Trustへイーサリアムやイーサリアム系トークンを入金する方法を説明します。

f:id:rusamanchic:20180410104300j:plain

①画面下部の「Wallet」をタップします。

②「Receive」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180410104422j:plain

QRコードと、ウォレットアドレスが表示されます。

取引所や、他のウォレットからこのQRコードを読み取るか、アドレスをコピーして貼り付けてください。

 

Trustから取引所や他ウォレットへの送金(出金)方法

f:id:rusamanchic:20180410104458j:plain

①画面下部「Wallet」をタップします。

②「Send」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180410104551j:plain

①「Recipient Address」に送金先のアドレスを貼り付けるか、横のQRコードアイコンをタップしてQRコードから読み取ります。

②「ETH Amount」に送金する枚数を入力します。

③「Next」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180410104743j:plain

画面右上の歯車マークでガス価格や量の設定ができます。

ガスについてはこちらの記事で解説していますので見てください。

送金内容を確認して、間違いがなければ「Insufficient ETH balance」をタップして送金を開始します。

 

Trustから他のウォレットにある残高だけを見る方法

TrustではCipherや、Toshi、Metamask、MyEtherWalletなど他のウォレットの残高だけを確認することができます。この方法では秘密鍵やJSONファイル、ニーモニックを登録しないので万が一の事があっても重要な情報が抜き取られることがなく安全です。

f:id:rusamanchic:20180409201435j:plain

①画面右下の「Settings」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180409201545j:plain

①画面右上の「+」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180409201702j:plain

①「IMPORT WALLET」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180410105825j:plain

①「Watch」を選択します。

②「Ethereum Address」に残高を確認したいウォレットのアドレスを入力します。

もしくは、横のQRコードアイコンをタップしてQRコードから読み取ります。

③「Import」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180410111701j:plain

メガネのアイコンがついているウォレットアドレスが追加されているのが確認できます。

これで他のウォレットの残高を確認できるようになります。

Trustウォレットの復元方法

スマホが壊れたり、紛失してしまったという時や、アプリをうっかり削除してしまったというときもこの方法で復元できます。

f:id:rusamanchic:20180409201702j:plain

①アプリを起動して「Import WALLET」をタップします。

 

f:id:rusamanchic:20180410112910j:plain

①Keystoreが選択されていることを確認します。

②「Keystore JSON」に、メモ帳などにバックアップしておいたKestore/JSONファイルの中身を貼り付けます。

③「Password」にパスワードを入力します、

④「Important」をタップします。

以上で復元完了です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事