今更ながら、モネロ(Monero)のGPUマイニング儲けられないかを本気で考えてみました。

XPコインのPOSマイニングでは、ある程度枚数があればそれなりにマイニングできることが分かったので、これならGPUマイニングとかすれば寝ててもお金はいってくんじゃね!?

って発想で真剣にGPUマイニングのことを調べてみました。

↓XPコインのPOSマイニングは過去記事で紹介してますのでよかったら見てください。

 

先に結論を書いておくと

 

現在のレートだと初期投資の回収2年3ヶ月かかることが分かり、一旦保留にすることにしました。

 

何もしないで稼げたら最高だなぁって思いを胸に調べ始めたんですが、結局ガッカリ。

そんな僕の胸の高まりがモネモネしていくまでの道のりをここに記します。

GPUマイニングを選んだ理由

マイニングする方法はGPUだけでなく、

  • ビットコインのマイニングで有名なASICマイニング
  • CPUマイニング
  • クラウドマイニング

などがあるんですが、

ASICは初期投資、ランニングコストが大きいので個人でやるのは無理。
CPUマイニングはやってみたけど全然掘れず、これなら取引所で買って回転させた方が効率よくね?ってなったので、GPUマイニングで考えてみました。

 

GPUマイニングにモネロ(monero)を選んだ理由

単純に、ある程度価値が高いコインの中で採掘難易度が低いものがモネロだったんですね。

 

GPUマイニングの初期投資費用と収支の調べ方

僕がやった大まかな流れはこんな感じです。

 

  • マイニングするコインに適しているGPUを調べる。
  • 一ヶ月に掘れる枚数と電気代を計算する。(一ヶ月の収支が分かる)
  • GPUの価格とその他必要なパーツの価格を計算する。(初期投資費用が分かる)

 

Step.1 マイニングに適している GPUを調べる。

この辺はググって情報を整理していったところ、

 

  • 通貨によってマイニング適しているGPUの系統がある。
  • Zcash、モナコインならNVIDIA社のGeforce系
  • モネロ、イーサリアムならAMD社のRADEON系
  • 中でもhashレートと電気効率が良いのはRADEONのVEGA56かVEGA64。

 

ということが分かりました。

ここから先は、RADEONのVEGA56VEGA64で調べていきます。

Step.2 GPUのhashレートと消費電力を調べる。

これも基本はググって実際にやっている方のブログとか、サイトを参考にしていきました。
僕が調べるのに使ったのは、

monerobenchmarks

f:id:rusamanchic:20180302204428p:plain


モネロのマイニングをしたGPUとhashレート、消費電力が投稿されています。


これを参考に、僕のような初心者がセットアップをすることを考慮して、

 

VEGA64のhashレートは1900H/s、消費電力は180w

VEGA56のhashレートは1800H/s、消費電力は160w

 

その他の情報を見てもVEGA56の方が電気効率が良さそうだったので、ここからはVEGA56で計算を進めていきます。


hashレートから一ヶ月に掘れる枚数と電気代を計算する。

CryptoCompare

f:id:rusamanchic:20180302204210p:plain

ここでhashレート消費電力1kWhあたりの電気代を入力すると、1日~1年間の採掘量が計算されます

 

僕の場合はVEGA56×8枚でいこうと考えてましたので8枚分で計算したところ

f:id:rusamanchic:20180302202249p:plain

こうなりました。

 

1ヶ月で1.74枚

渋いですねぇ。

 

続いて電気代は、GPU8枚分で1280W


これに他のパーツの消費電力を100Wぐらい足して1380Wにして、1時間あたり27円の電気代で計算すると、

 

1日約894円

30日だと約26800円

 

の電気代がかかることが分かりました。

Step.3 GPUの価格とその他必要なパーツの価格を計算する

まずはamazonさん

f:id:rusamanchic:20180302202511p:plain

97,980円

くっそ高い!!

え?こんな高いのGPUって、、パソコン1台買えるやん。


続いて価格コムで見てみると

f:id:rusamanchic:20180302202626p:plain

97,178円


在庫があるのは、amazonでの最安と同じショップでした。。


これを8枚買うと約77万円

 

結構な初期投資ですね。。。

 

この他にも必要なパーツがあるのでそちらも調べて計算していきましょう。。

 

もうこっからはサクッと書くと、

 

マイニングマシンに必要なパーツ

  • CPU:安いやつでよいということなので、Intel Celeron G3930 約5,000円
  • マザーボード:これがおすすめということで、ASRock H110 Pro BTC+ 約15,000円
  • メモリ:4GBあればいいということで、Crucial CT4G4DFS824A 約5,000円
  • ライザーカード:MK2017025×8で、約8,800円
  • ストレージ:Western Digital WDS120G1G0B、約6,600円
  • 電源ユニット:SST-ST1500-TI、約55,000円
  • OS:windows10、約13,000円

 さぁこれらをエクセルで計算すると・・・

結論

f:id:rusamanchic:20180302214827p:plain

 

  • 初期投資:約880,000円
  • 一ヶ月の電気代:約27,000円
  • 一ヶ月に掘れるモネロの枚数:約1.74枚(約58,900円)
  • 利益(モネロの金額-電気代):約32,000円
  • 初期投資を回収するまでの期間約2年3ヶ月

 

ひえー、回収までに2年は長すぎますねー。。

 

これから仮想通貨自体はさらに発展していくとは思いますが、一通貨のマイニングとして考えると、これはちょっと怖すぎますね。

 

どっかに都合よくGPUがあってって状況なら全然やりますが、初期投資してまでっていうのは一旦保留にします。

 

もしかしてマイニングで小銭稼げるかも?と思ってる人には残念な話ですが、マイニングは諦めて副業でもして稼ぐことをおすすめします。

モネロを取引所で購入するならBinanceがおススメです!

まだBinanceに登録していない方はこちらで登録方法を解説していますので、今すぐ登録しておきましょう!

Binanceはメールアドレスだけで登録できます!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事