仮想通貨のおすすめ取引所TOP7比較一覧表

Binance(バイナンス)
Binanceのおすすめポイント

◆世界一の取引高を誇る圧倒的人気の海外取引所!

Binanceには世界中の仮想通貨ユーザーが集まっていて、取引高は世界一です。その人気から日本人も多く利用している海外の仮想通貨取引所です。

◆取扱い仮想通貨は300種類以上!

300種類以上の仮想通貨を取り扱っているので、チャンスを掴めば10倍100倍も夢ではありません。

◆格安の取引手数料!

ビットコインだけでなくアルトコイン全通貨の取引手数料が0.1%。BNB(バイナンスコイン)で手数料を支払えば更に半額の0.0.05%で全ての通貨を取引できます。

◆スマホのアプリで簡単に仮想通貨の取引ができる!

公式アプリが非常に使いやすいため、いつでもどこでも仮想通貨の取引ができます。

◆本人確認不要で即口座開設・即取引可能!

面倒なハガキ郵送での本人確認不要で口座開設ができるので、登録したその日から即取引ができます。

■Binance(バイナンス)のメリット
・仮想通貨で資産を増やすチャンスが広がる。
300種類以上の仮想通貨を取り扱っているので、いわゆる草コイン(価格が安くこれから伸びる可能性がある通貨)への投資や、国内取引所では扱っていない仮想通貨への投資ができます。上手く行けば10倍、100倍に資産を増やせる可能性もあります。
・取引が成立しやすい。
世界一の取引高なので、同じ通貨を扱う他の取引所と比べるとバイナンスの方が取引量が圧倒的に多いケースがほとんどです。取引量が多ければその分取引も成立しやすいので、Binanceの口座をもっておいて損をすることはありません。
・取引手数料が安い。
Binanceでの取引手数料は全通貨一律で0.1%となっています。ビットコインの取引で見ると少し高いですが、イーサリアムやリップルといったアルトコインの取引手数料で見ると、国内取引所では0.2%以上のところがほとんどなので、アルトコインの取引はBinanceで行ったほうが安くすむのが分かります。また、BNB(バイナンスコイン)で取引手数料を支払うと更に手数料が安くなり、0.05%という破格で取引を行うことができます。
・スマホのアプリが使いやすくて便利
公式から提供されているスマートフォン用のアプリがとても使いやすいので、外出先でも簡単に取引を行うことができます
■Binance(バイナンス)のデメリット
・日本円での取引はできない。
Binanceは海外の取引所なので、bitFlyerやZaifのように日本円を直接入金して取引することはできません。国内取引所でビットコインやイーサリアム、リップルなどの過疎通貨を購入し、Binanceに送ることで初めて取引ができます。
・日本語の対応が不十分。
Binanceのサイトを日本語で使う場合は機械翻訳になるので、訳がおかしく少し分かりづらいです。とはいえ慣れてしまえば難しいことはないので、日本語に対応していなくてもそれほど問題にはなりません。
こんな人におすすめ
ビットコイン以外の仮想通貨にも投資したい人。
10倍、100倍にもなりそうな仮想通貨を探したいひと。
海外で話題になっている仮想通貨を買いたい人。
ガッツリ仮想通貨の取引をしたい人。
bitfFyer(ビットフライヤー)
bitFlyerのおすすめポイント

◆国内取引所最大級の取引高、資本金、ユーザー数!

200万人超えの登録者数でビットコインの取引高は国内1位。強力な株主企業の後ろ盾もあり41億円という圧倒的な資本力で経営面も安心。

◆国内唯一の日本円不正出金補償制度!

bitFlyerは国内取引所で唯一日本円不正出金に対する損害補てん制度を設けています。こういった面でも安心して利用できる仮想通貨取引所です。

◆パソコン・スマホともに使いやすく、初心者でも簡単に利用可能!

bitFlyerの取引画面は、パソコンはもちろんスマホでも快適に利用できるので、いつでもどこでも本格的な仮想通貨の取引ができます。

◆少ない元手でも最大15倍までレバレッジをかけて信用取引可能!

最大15倍のレバレッジで信用取引ができるので、少ない元手でも大きな利益を得るチャンスがあります。

■bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット
・安定した運営体制。
SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタル、第一生命などの有力企業を株主とし、圧倒的な資金力を誇るbitFlyerは、長期的にビットコインの取引を安心・安全で行えます。
・初心者でも使えるトレード画面
本格的な分析もできるbitfFlyer Lightningの取引画面は、上級者だけでなく初心者でも簡単に利用できます。スマホでの表示にも最適化されているので、外出先でもストレスなく取引ができます。
・信用取引ができる。
bitFlyerでは2倍から最大15倍までレバレッジをかけて信用取引ができるので、元手が少なくても大きな利益を得るチャンスがあります。また、信用取引では下落相場でも利益を出すことができるので、bitFlyerの口座は必ず作っておきましょう。
・取引が成立しやすい。
ビットコインやイーサリアムの取引高は国内1位なので、他の国内取引所に比べて取引が成立しやすいです。
■bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット
・ビットコイン購入と送金にかかる手数料がやや高い。
ビットコインに関しては取引手数料0.01%~0.15%、最低送金手数料0.0004BTCと上位2つの取引所と比べてやや高い点です。
・サーバーが落ちやすい。
利用者が多い分アクセスが集中するタイミングではサーバーが落ちやすい点も挙げられます。以前に比べると改善されつつはある印象は感じますが、それでも海外の大手取引所と比べると今ひとつです。
こんな人におすすめ
資金力のある取引所で仮想通貨を取引したい方。
高機能な取引画面で本格的に仮想通貨のトレードをしたい方。
レバレッジをかけて信用取引をしたい方
bitbank(ビットバンク)
bitbankのおすすめポイント

◆国内トップクラスのセキュリティ対策!

100%コールドウォレット(ネットワークから隔離された保管場所)と、マルチシグでの管理体制でハッキングや流出への対策がピカイチ。セキュリティホール(セキュリティに関する問題点)の報告や対応もいち早く行うことから信頼されている取引所です
◆アルトコインを買うなら国内最安!
国内取引所でイーサリアムやリップルなどのアルトコインを取引でき、かつ取引手数料が無料なのはbitbankだけ。アルトコインを一番安く購入できます。

◆全取扱通貨の取引手数料が無料!

bitbnakではビットコインを始め、リップルやイーサリアムといったアルトコインなどの全取扱通貨の取引手数料が無料なので、ビットコインを安く買うことができます。

■bitbank(ビットバンク)のメリット
・セキュリティが堅牢。
管理する仮想通貨をコールドウォレットというインターネットから隔離された保管場所に100%保管しているので、ハッキングなどの攻撃に非常に強いです。CoincheckのNEM流出事件の際にもいち早くセキュリティ対策に関する発表と対策を行い話題になりました。
・ビットコインの取引高が多い。
国内でのビットコインの取引高はbitFlyerについで2位とこちらも取引が活発なため、注文が通りやすいです。
・リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインを国内最安で買える。
上記主要アルトコインを板取引(トレード画面で取引)できる国内取引所はbitbankかQUOINEXですが、bitbankではアルトコインの取引手数料無料キャンペーンを行っているため実質国内最安で購入することができます。
・取扱い全通貨の取引手数料が無料。
2018年の6月まで取扱い全通貨の取引手数料無料キャンペーンを行っているので安くビットコインを買うことができます。
■bitbank(ビットバンク)のデメリット
・日本円の入金が銀行振込でしかできない。
住信SBIネット銀行口座からの日本円を入金する場合は土日祝関係なくリアルタイムで入金できますが、SBIネット銀行以外の銀行口座からは銀行営業時間ないでないと入金が反映されません。他の取引所のようにコンビニやATMからのクイック入金に対応していないので急ぎで日本円を入金したい場合には注意が必要です。
・ビットコインの最低送金手数料がやや高い。
ビットコインの最低送金手数料が0.001BTCと他の取引所に比べてやや高いです。
こんな人におすすめ
セキュリティがしっかりしているところで仮想通貨を購入したい方。
リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインを安く日本円で買いたい方。
とりあえずビットコイン、イーサリアム、リップルを買って持っておきたい方。
Zaif(ザイフ)
Zaifのおすすめポイント

◆ビットコインの取引でマイナス手数料はZaifだけ!

Zaifではビットコインの現物取引にマイナス手数料を導入しています。手数料がマイナス(-0.01%~-0.05%)なので、取引をすると逆に手数料分の日本円がもらえます。

◆最低1000円から始められる仮想通貨の積立投資が初心者に人気!

積立金額と、購入する仮想通貨の種類だけ決めればあとは自動。買うタイミングを考えたり、トレードをする必要もないので手軽に仮想通貨投資を始められます。

◆国内でNEM(ネム)を買えるのはZaifだけ!

今後カタパルト(大型アップデート)を控えている仮想通貨NEMを国内で買えるのは現在Zaifのみです。NEMを買うならZaifの口座登録は必須です。

■Zaif(ザイフ)のメリット
・ビットコインを取引するごとに手数料が貰える。
なんと言っても手数料がマイナスというところです。通常の取引所では手数料無料か、0.01%程度の手数料が取られてしまいますが、Zaifでは取引すればするほど逆に手数料分の日本円がもらえてしまいます。
・仮想通貨の知識ゼロでも始められる積立投資サービス。
Zaifが行っている「コイン積立」では、トレード不要で毎月一定金額分の仮想通貨を自動で買付けて積み立ててくれます。取引する時間、知識がなくても全部自動でやってくれるので誰でもすぐに始めることができます。
■Zaif(ザイフ)のデメリット
・サーバーが不安定。
Zaifのデメリットは、サーバーが不安定なところです。仮想通貨の価格が高騰・急落などして取引注文が殺到すると時々サイトに接続できなくなったり、注文が入らなくなったりすることがあります。ビットコインの値段が激しく動いてる時に購入する際は注意が必要です。他の取引所と併せて利用するようにしましょう。
こんな人におすすめ
ちょっとでもお得にビットコインを購入したい。
仮想通貨に投資してみたいけどリスクは減らしたい。
仮想通貨を始めてみたいけど買い時が分からない。

ビットコインを買って、海外の取引所に送りたい。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)
QUOINEXのおすすめポイント

◆最大25倍でイーサリアム、リップルの信用取引(レバレッジ取引)ができる!

イーサリアム、リップルの信用取引が板取引(トレード画面)でできる国内取引所はQUOINEXのみです。

◆ビットコイン取引手数料が無料!

QUOINEXでは日本円でビットコインを取引する際の手数料が無料です。日本円でビットコインを購入する際に余計な手数料がかからなくて済みます。

◆仮想通貨の送金手数料が無料!

ビットコインを始め、リップルやイーサリアムといったアルトコインなどの取扱い銘柄全ての送金手数料が無料なので、他の取引所やウォレットに仮想通貨を送る際に余計な費用がかからなくて済みます。

■QUOINEX(コインエクスチェンジ)のメリット
・仮想通貨を購入して送金するなら一番安い。
QUOINEXではビットコインを購入する際の取引手数料と、送金手数料のどちらも無料なので、日本円でビットコインを購入して海外の取引所に送る際や、他の取引所に送る際は一番安く済みます。
・リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)の信用取引ができる。
国内取引所でリップルとイーサリアムを板取引(トレード画面)で取引できるはQUOINEXとbitbankだけですが、QUOINEXでは最大25倍までレバレッジをかけた信用取引ができます。少ない元手で大きな利益をあげたり、下落相場でも利益を出すチャンスがあります。
■QUOINEX(コインエクスチェンジ)のデメリット
・ビットコインの送金に時間がかかる。
仮想通貨の送金手数料が全て無料で余計な費用がかからない反面、送金開始までが遅いところが欠点です。QUOINEXでは送金に対して不正がないかチェックをしてから送金を開始するため、最低でも2営業日(月~金、土日祝日以外)かかってしまいます。
「仮想通貨を買ってすぐに海外の取引所に送りたい」という際には向いていない取引所なので気を付けてください。
こんな人におすすめ
多少時間がかかってでも一番安くビットコインを買って他の取引所に送りたい。
リップルとイーサリアムの信用取引をしたい。
DMM Bitcoin(ディーエムエム ビットコイン)
DMM Bitcoinのおすすめポイント

◆販売所形式なので初心者でも簡単に仮想通貨が買える!

ユーザー同士の取引ではなく、販売所であるDMM Bitcoinから仮想通貨を買うので提示されている金額ですぐに仮想通貨を購入できます。

◆板取引なしで最大5倍まで信用取引可能!
DMM Bitcoinでは、板取引なしの販売所形式でビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの信用取引ができます。
■DMM Bitcoinのメリット
・販売所形式なので初心者でもすぐに仮想通貨が買える。
DMM Bitcoinは「取引所」ではなく「販売所」なので、初心者の方には見慣れない板取引(トレード画面)をしないで仮想通貨を買うことができます。
・板取引(トレード画面)なしでアルトコインの信用取引ができる。
初心者には見慣れない板取引(トレード画面)をしないでもリップル、イーサリアム、ネム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの信用取引ができるので、少ない元手や下落相場でも利益を得るチャンスがあります。
・日本円の出金手数料が無料。
通常日本円を取引所から自分の銀行口座に出金する際は200円~700円程度の手数料がかかりますが、DMM Bitcoinでは出金手数料無料で銀行口座に出金することができます。
■DMM Bitcoinのデメリット
・販売所形式なので仮想通貨の値段が割り高
DMM Bitcoinはユーザー間の取引ではなく、販売所であるDMM Bitcoinと取引をするので、DMM Bitcoin側が仮想通貨の価格に利益を載せて販売しています。その分、ユーザー間の取引よりも仮想通貨の価格が割り高になってしまいます。
こんな人におすすめ
難しいことは抜きにして仮想通貨を買いたい方。
難しいことはぬきにして仮想通貨の信用取引をしたい方。
GMOコイン
GMOコインのおすすめポイント

◆販売所形式なので初心者でも簡単に仮想通貨が買える!

ユーザー同士の取引ではなく、販売所であるGMOコインから仮想通貨を買うので提示されている金額ですぐに仮想通貨を購入できます。

◆東証一部上場企業のグループ会社で安心!

GMOクリック証券や、レンタルサーバーなどの事業を行っているGMOインターネット株式会社のグループ会社なので安心して利用できる仮想通貨取引所です。

◆スマホのアプリでいつでもビットコインが買える!

ネット証券会社を運営する企業のグループ会社だけあって、スマホアプリの使いやすさはピカイチです。いつでもスマホで手軽に仮想通貨を買うことができます。

■GMOコインのメリット
・販売所形式なので初心者でもすぐに仮想通貨が買える。
GMOコインは「取引所」ではなく「販売所」なので、初心者の方には見慣れない板取引(トレード画面)をしないで仮想通貨を買うことができます。
・日本円の出金手数料が無料。
通常日本円を取引所から自分の銀行口座に出金する際は200円~700円程度の手数料がかかりますが、GMOコインでは出金手数料無料で銀行口座に出金することができます。
・スマホのアプリが使いやすい。
シンプルで分かりやすい作りになっているので、初めての方でも直感的に使うことができます。
■GMOコインのデメリット
・販売所形式なので仮想通貨の値段が割り高
GMOコインはユーザー間の取引ではなく、販売所であるGMOコインと取引をするので、GMOコイン側が仮想通貨の価格に利益を載せて販売しています。その分、ユーザー間の取引よりも仮想通貨の価格が割り高になってしまいます。
こんな人におすすめ
難しいことは抜きにして仮想通貨を買いたい。
スマホのアプリで手軽に仮想通貨を買いたい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事