ここのところ仮想通貨界隈で注目を集めているのがDApps(分散型アプリケーション)を利用した仮想通貨のゲームですよね。

僕も簡単そうなBitpetを最近始めてみました。

Bitpetは簡単な反面、ゲーム性としてはいまひとつでちょっと物足りない感じなんですよね。

そこで、

 

他にどんなDAppsゲームがあるのか?

 

どのゲームが人気なのか?

 

各ゲームのETH流通総額をランキングにしてまとめてみました。

 

流通総額はこちらのサイトを参考にしています。

 

DAppsゲームETH流通総額ランキング

1位:ETHERBOTS(1,135ETH)

f:id:rusamanchic:20180313034925p:plain

4つのパーツを組み合わせてロボットを組み立てるロボゲー。

ロボットはコレクションするだけでなく、他のユーザーのロボットと対戦することができす。

パーツを売却することで収入を得ることができる。

 

公開日:2018年2月

ジャンル:ロボット育成バトルゲーム

ゲームの目的:パーツのコレクション、ロボットの育成、対戦、パーツの売却

プレイに必要なもの:イーサリアム

公式サイト

 

2位:World of Ether(615ETH)

f:id:rusamanchic:20180313035009p:plain

モンスターを集めて育てて戦わせるゲーム。

所有しているモンスターをマーケットで販売することで収入を得ることができる。

 

公開日:2018年2月

ジャンル:モンスター育成バトルゲーム

ゲーム内の目的:モンスターの収集、育成、対戦、売却

プレイに必要なもの:イーサリアム、METAMASK

公式サイト

 

3位:CryptoKitties(370ETH)

f:id:rusamanchic:20180313035051p:plain

皆さんご存知DAppsゲームのパイオニア的存在。

猫さんを繁殖させるシンプルな育成系ゲームながらも、猫一匹が250ETHという驚きの価格で取引されという報告あり。

 

公開日:2017年11月

ジャンル:猫ちゃん育成ゲーム。

ゲームの目的:猫ちゃんの繁殖、売買。

プレイに必要なもの:イーサリアム、METAMASK

公式サイト

 

4位:CryptoPunks(212ETH)

f:id:rusamanchic:20180313041046p:plain

ゲームカテゴリーに入っていますが、個人的にはこれはゲームではないと思います。

無理やりゲームとするならば、絵文字トレードゲームとでも言うんでしょうか。

10,000個の一つとして同じではない(同じようなのは一杯あるけど)24x24ピクセルのアート画像を購入してコレクション・売買ができます。

元々は無料で配布されたものだそうですが、現在は全てユーザーに所有されていて、所有している各ユーザーから購入するしかないとのことです。

平均販売価格は0.42ETH(約31,000円)

投機要素が強いものなんでしょうね。

 

公開日:2017年11月

ジャンル:絵文字トレード。

ゲームの目的:絵文字の購入、コレクション、売買。

プレイに必要なもの:イーサリアム、METAMASK

公式サイト

 

5位:ETHERCRAFT(180ETH)

f:id:rusamanchic:20180313035136p:plain

名前的にマインクラフトみたいなもんかと思いきや、ダンジョン探索RPG。

現在できるのはアイテムの購入のみ。(2018/3/12時点)

今後、アイテムの作成とダンジョンの探索が実装される予定。

 

公開日:2018年2月

ジャンル:ダンジョン探索RPG

ゲームの目的:アイテムの売買、アイテムの作成、ダンジョン探索。

プレイに必要なもの:イーサリアム、METAMASK

公式サイト

 

6位:CryptoCountries(159ETH)

f:id:rusamanchic:20180313043842p:plain

国を購入、コレクションして支配するゲーム。

ゲームとしてはあまり面白くなさそうですね。

一番高いのは日本で、709ETH(約5千万円)笑

バカ高いすね。

 

公開日:2018年2月

ジャンル:国取りゲーム

ゲームの目的:国の購入、コレクション、売買。

プレイに必要なもの:イーサリアム、METAMASK

公式サイト

 

7位:Etheremon(123ETH)

f:id:rusamanchic:20180313035326p:plain

こちらも有名、皆さんご存知のポケモンみたいなゲーム。

ポケモンみたいなキャラを集めて、戦わせて強くしてってまんまポケモンですね。

他の育成系ゲーム同様にモンスターの売買が可能です。

売買以外にもレンタルができるのが特徴。

 

公開日:2018年2月

ジャンル:モンスター育成バトルゲーム

ゲームの目的:モンスター捕獲・コレクション、育成、対戦、モンスター売買。

プレイに必要なもの:イーサリアム、METAMASK

公式サイト

 

8位:Ether Tulips(96ETH)

f:id:rusamanchic:20180313035404p:plain

世界最古の金融バブルと言われるチューリップバブルを再体験できるゲーム。

他のDAppsゲーム同様にコレクション、バトル、売買ができるゲームですが(現在は種球根の購入のみ3/12時点)、最大の特徴は1日ごとに球根の値段が最大で50%値上がりするということだそうです。

これはまさに17世紀にオランダで起きたチューリップバブルのようですね。

ただ、現在は球根の購入と成長を眺めることしかできないので、球根の値上がりがどう影響してくるのかが気になりますね。

 

公開日:2018年1月

ジャンル:チューリップの球根を愛でるゲーム

ゲームの目的:チューリップの球根育成、バトル、売買(現在は購入と育成のみ3/12時点)

プレイに必要なもの:イーサリアム、METAMASK

公式サイト

 

9位:CryptoCities(17ETH)

 

f:id:rusamanchic:20180313035552p:plain

CryptoCountriesの都市版ゲーム。

現在は都市の購入と発見までしかできない様子。

 

公開日:2018年2月

ジャンル:都市取りゲーム

ゲームの目的:都市の購入、コレクション、売却

プレイに必要なもの:イーサリアム、METAMASK

公式サイト

 

10位:CryptoMasterpieces(8ETH)

f:id:rusamanchic:20180313035648p:plain

ゲームカテゴリーに属していますが、ゲームと言えるのかどうか。。。

著名な絵画を購入してコレクション・売却していくようです。

美術商シミュレーションゲームなのでしょうか。。。

 

公開日:2018年3月

ジャンル:絵画コレクション

ゲームの目的:絵画の購入、コレクション、売却

プレイに必要なもの:イーサリアム

公式サイト

番外編

ランキング外ではありますが、最近注目をあつめているゲームを紹介します。

CryptSaga:RPG

Pandarium:パンダ育成ゲーム

Crypt Alpaca :アルパカ育成ゲーム

Fishbank:魚育成ゲーム

CryptCrystal:クリスタル育成ゲーム

ETH TOWN:不動産投資ゲーム

 

まだまだゲーム性が少なかったり開発途中のものが多いですし、日本産のゲームもありませんでした。

1年後ぐらいにはこういったブロックチェーンを利用したゲームが当たり前になるような気もしますね。

スマホでDAppsをやるなら、Mobile DApps Browserがおすすめです!

こちらの記事で紹介してますので見てください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事